応募する
作品のテーマ
「美しい自然を未来に残すために、私たちは何をしたらよいのかな」 をテーマにことわざにしてください。
募集対象
全国の小・中学生
作品の規定(応募上の注意)
作品は未発表で他のコンクール等応募していないオリジナルなものに限らせていただきます。
ご応募された作品の著作権は主催者に帰属します。
ご応募された作品は返却しません。
募集期間
2018年7月1日(日)〜9月5日(水)まで
個人情報の取扱い
いただいた個人情報は、「未来の地球を守るために、私たちができるエコな暮らし『エコとわざ』コンクール」にのみ使用します。
各賞
環境大臣賞(賞状ならびに図書券3万円)・・・・・・・・・・・・・・・・・・1本
「エコ・ファースト推進協議会」優秀賞(賞状ならびに図書券3万円)・・・・・1本
日本ことわざ文化学会賞(賞状ならびに図書券3万円)・・・・・・・・・・・・1本
加盟企業賞(賞状ならびに各企業の商品またはサービス等)・・・・・・昨年度27本
※入選者と保護者1名を表彰式(12月8日(土)エコプロ2018(東京ビッグサイト)にて開催予定)にご招待します。尚、当日の会場までの入選者及び保護者1名の交通費は主催者や表彰企業が負担します。
審査・決定
主催者・日本ことわざ文化学会・加盟企業で審査委員会を構成し、厳正なる審査の上、受賞作品を決定します。
発表
2018年10月22日(月) プレスリリース、当協議会ホームページほか    ※入選者には個別にご連絡します。

みなさんが、ことわざを作る時にどんな点に注意したらよいか、4つのポイントをご紹介します。


例えば『いろはカルタ』でおなじみの「犬も歩けば棒にあたる」は一度聞くだけで、すぐに覚えられるでしょう。それはリズムがあるからです。ことわざを作って、口調が悪いなあとか、どこかぎくしゃくするなあと思ったら、「てにをは」を省略したり、別の言葉に入れ替えて、かならず声にだして読んでみましょう。例えば、「桜の花より団子のほうがよい」と作ったら、口調が悪いので、「花より団子」とすると、弾(はず)んだリズムになります。


ことわざには長いものも少しはありますが、短い方が聞いた時、インパクトがあります。例えば、「馬の耳にいくら念仏を唱えても無駄だ」ということわざができても、それは単なる文章です。しかし「馬の耳に念仏」と短くすると、ことわざになりますね。つまり、できるだけ無くしてもいい言葉をはぶくと、ことわざらしくなるのです。


「ことわざコンクール」に応募するときは、ほとんどの場合、テーマがあります。例えば、「経験が大事」といったテーマのとき、「門前の小僧習わぬ経をよむ」という古典のことわざがぴったりですね。つまり、お寺の小僧さんはお経を聞いているだけで、自然に覚えてしまうことをいいます。テーマが求めている内容をユーモラスで比喩(ひゆ)的(たとえ表現)なことわざにするとよいでしょう。
ことわざには教訓的な意味が含まれることがありますが、比喩的に表現すると、相手を傷つけないで注意をうながすことができます。手遅れを悔やむ西洋のことわざに、「子牛がおぼれてから、穴をふさぐ」がありますが、日本では「台風来てから、屋根直す」という反省になるのでしょうか。


ことわざは抽象的な言葉で表現するよりは、具体的なイメージが浮かぶものがよいでしょう。古典のことわざ「鬼に金棒」(これ以上強いものはない)や「泣き面に蜂」(困っているのに、別の困りごとが起こる)など、リアルなイメージを与えてくれます。例えば、「猫にスマホ」などはどうでしょうか。
このように4つのポイントを考え、工夫して、ことわざ作りにチャレンジしましょう。まず古典のことわざを学び、それをもじったり(「寝る子は育つ」を「遊ぶ子は育つ」)、パロディー化するなど、練習を重ねれば、いつの間にか「ことわざ名人」になるでしょう。

応募する
エコ・ファースト推進協議会
主催 エコ・ファースト推進協議会   後援 環境省   協力 全国小中学校環境教育研究会  
審査・監修 日本ことわざ文化学会
お問い合わせ 『エコとわざ』コンクール事務局 
   0587-24-7272 受付時間/平日10:00〜17:00(12:00〜13:00は除く)
   ※土・日・祝、8月11日〜15日は除きます。
 
連携協力 ユネスコ世界会議あいち・なごや支援実行委員会 主催 エコ・ファースト推進協議会 審査・監修 日本ことわざ文化学会 お問い合わせ 「水の環境、水の恵み、水の大切さについての『エコとわざ』コンクール事務局 0587-24-7272 平日10:00〜17:00 (12:00〜13:00は除く) ※土日祝は除く 後援 環境省 協力 全国小中学校環境教育研究会